『羅刹王バラシュナ』各職業の160~200スキル紹介

羅刹王バラシュナ

バラシュナ戦の各職業の装備紹介をして欲しいというコメントを頂いたんですが、装備記事書くのはちょっとかかりそうなので先に各職の160~200スキルを紹介しておきたいと思います。
疎かになりがちなポイントですが、きちんと意識すると勝率が上がるはずです。

スポンサーリンク

僧侶

スティックスキル

スピリットゾーンⅡと回復魔力40は是非付けたいスキル。

ホップ使う暇ないと思うので、170Pの枠はなんでもいいです。

盾スキル

アイギスⅢは必須級。

バラシュナ本体は通常攻撃を使ってきませんが、スコルパイドなどを召喚してくるため『瀕死時身かわし率アップ』『守備力+20』で生存率を高めておくとよいでしょう。

『ちからの盾』が役立つ場面はかなり限られますが、状況によっては有用なスキルのはず。
使わない場合は『ビッグシールド5秒延長』あたりを入れとくとよさそう。
そっちもほんとにおまけ程度ですが。

しんこうスキル

180スキルの『被ダメージ10軽減』はどの職でも必ず入れましょう。

僧侶スキルは好みの部分が多いのですが、私はこんな感じにしています。
復活時に祈りが付くと立て直しがかなり早まるため便利です。

160Pの枠は『ベホマⅠ』でもよさそう。

魔法使い

両手杖スキル

魔法使いの両手杖スキルは有用なものが多く、悩ましいところ。

『霊脈魔法陣』は純粋な火力アップのほか、カンタ中の相手に行える火力行動として優秀。
霊脈を上手く使う自信がない人は200スキルを攻魔に変えてもいいと思います。

『活命の杖』は召喚タイミングで使うと安定度が高まってよさげでした。
八門崩絶でついたHP低下を打ち消す唯一の手段としても重宝します。

攻撃時や不滅の魔力かくせいも便利で、ある程度攻撃していれば覚醒の更新がほとんど不要になります。

短剣スキル

新スキルラインの短剣も強そうでした。

ヴェレノーマをCTごとにかけながら暴走率の上がったメラゾーマで攻撃するので、自然とこんなスキル構成になるはず。

純粋な火力は両手杖に及ばないものの、盾を持てたり立ち回りの自由度は高め。
速度短剣がないと詠唱時間が厳しいので装備のハードルは高いかも。

盾スキル

短剣装備時は盾が装備出来るのもメリット。

スキル構成は僧侶と同じです。

まほうスキル

『被ダメージ10軽減』は職問わず必須。

超魔力かくせいは霊脈や災禍に合わせて使うと恩恵を得られますが、逆にそれらがなければダメージはほとんど増えません。
200スキルではなく160スキルに入れておき、要所で使うのが強いと思います。

賢者

扇スキル

扇スキルは有用なものが限られるので、ほぼこれで間違いないと思います。

※間違いないとか言いながらちょっと修正しました(170と190を交換)

盾スキル

スキル構成は僧侶と同じ。

さとりスキル

『被ダメ10軽減』『呪文+20』『きせきの雨Ⅲ』は欲しいです。

『イオマータⅠ』は暴走確定状態で使えると強力な呪文。
170Pは好みですが、『身かわし率0.8%』で少しでも事故率を下げたいと考えてます。

おわりに

強さ1~3通して、180スキルの『被ダメージ10軽減』を入れてない人がかなり多い印象。
竜のうろこ、打たれ名人、180スキルで合計52軽減しないと厳しい戦闘なので、『被ダメージ10軽減』は最優先で付けた方がいいです!!

装備の記事もなるべく早めに書きたいですね・・・!

それじゃそんな感じで~!!

↓ブログランキング参加中!(1日1クリック有効)

人気ブログランキング

コメント

  1. だんなっち より:

    スキル参考になりました。 最強勝てました。ありがとうございましたm(_ _)m

    • みみっくほしみみっくほし より:

      討伐おめでとうございます!
      このブログが参考になったのでしたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました