【Ver6.1】新防具(Lv115防具)まとめ

更新情報

3月17日実装のVer6.1新防具(Lv115防具)のまとめと雑感です。

今回も速報的な記事なのでざっくりと。

スポンサーリンク

蒼穹兵団のよろい

3つの効果はどれも一見して強そうな効果ですが、使える場面は限られそうな印象。
特技ダメ+10と行動時バイシを目当てに火力向上を目的にするなら使えるかも・・・?

1世代前の魔侯爵のよろいはブレス耐性8%、2世代前のミラーアーマーは被ダメ10軽減と行動時10%マホターンという便利な効果を持つため、それらの優先度が低めの戦闘であれば適した装備となりうるかもしれません。

ロードリーローブ

5世代前のカテドラルローブの上位装備。

僧侶用として非常に使いやすそうなローブで、デルメゼ僧侶用としては文句なしの最適装備。
カテドラルと比べて魔力も守備力も大きく向上しているので、妖炎魔女やひかりのローブでブレス装備を持っていない場合は優先的に購入を検討すべきだと思います。

聖域の闘衣

トライバルやガナドールの上位装備。

HPや攻撃力が増えるので、それらの数値を気にする人は乗り換え推奨です。
ガナドールと比較すると、HPと攻撃力がそれぞれ3ずつ増えます。
守備力や身かわし率の上昇は特にメイヴ戦で有効。

間違いなく強い防具ですが、ガナドールから劇的に変わるわけではないので、お金に余裕がない場合は乗り換えずに様子見もありかも。

空賊のシャツ

Lv100装備である大怪傑の装束の上位装備。

1世代前のワンダラーズは早詠み効果に優れますが、こちらはバイシオンがかなり高い確率で発動します。

ワンダラー:セットで5%早詠み、指輪で12%バイシ
空賊シャツ:指輪で12%早詠み、セットで20%バイシ

と並べて比較すると、両方の効果を維持したい場合は空賊が非常に優秀に感じます。
ワンダラーズには開戦時100%早詠みもあり、そちらも優秀な装備なので状況次第で優劣は変わりますが、どちらにも必殺チャージ率がしっかりついているのでお好みでどうぞ。

とはいえ状態異常成功率+10%は偉大なので、フォースブレイクなどの成功率を重視する場合は迷わず空賊で!
※ちなみに『状態異常成功率+10%』はレボルには影響しないはず。

聖翼のドレス

CT短縮効果が目を惹く旅レン系装備。

特にデルメゼ戦のレンジャーに適したセット効果だと思いますが、デルメゼ向きのブレス耐性ではなく呪文耐性が付いてるのが少々残念。

普段使いであれば風のマントやグレイスフルが優秀なので、使いどころに少々悩むかも。
とはいえ自力でCT短縮する手段は希少なので、聖翼もかなり強力なセット効果であることは間違いないです。

おわりに

蒼穹兵団のよろい:使えるかも?
ロードリーローブ:めちゃつよ!!
聖域の闘衣   :めちゃつよ!!
空賊のシャツ  :かなり強い!
聖翼のドレス  :まぁまぁ強い

カテドラル上位のロードリーローブ、ガナドール上位の聖域の闘衣が今回の目玉。
セット効果に劇的な変化はありませんが、過去装備に比べて攻撃力・HP・魔力・守備力などのステータスが大きく上昇しています。

鎧はミラーアーマー、旅レンは風のマントとグレイスフルが優秀なので、シェアを奪えるかはちょっと怪しいところ。
空賊もライバルは強力ですが、多くの場面で役立ちそうな印象。

 

今回も強力なセット効果を持った防具が多いので、ゼルメアで移動足や体下毒などを集めておきたいですね。

それじゃそんな感じで~!!

↓ブログランキング参加中!(1日1クリック有効)

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました