レグメモ:氷床を利用して咆哮回避

常闇の竜レグナード

氷ブレスのあとに咆哮がきた際にちょっと便利な小ネタ。

流れとしてはよくあるパターンなので、知っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

氷床を利用した咆哮回避の流れ

まずパラディンに氷ブレス(霜白の氷塊)。

50Cの氷ブレスは最も近いキャラを狙うため、基本的にパラディンタゲになります。

氷ブレスのあとに歩き出した(通常攻撃)ならその後咆哮、その場テールならCモード継続です。

立て直し中だったのでパラが落ちましたが、即蘇生で対処。

歩き出したのでAモード突入が確定。

このあと咆哮が来るのですが、ここから歩いて避けようとしても恐らく間に合いません。

ここで敢えて自分から氷床を踏みにいきます。

氷床の行動不能時間は4秒程度。氷の行動不能中に咆哮を受けるのがポイント。

咆哮を受けましたが『Miss!』の表記が出ているのが分かると思います。

これはまもりの盾の効果でもなく『行動不能状態は上書き延長されない』という仕様を利用したもの。

氷床の行動不能状態は4秒くらいで回復するので、咆哮のあとすぐに動き出すことが出来ます。

咆哮後のダークネスのターゲットを判断したら、自由に動けます。

蘇生するなり壁補助するなり、咆哮回避で得た時間を有効活用しましょう。

今回はパラ魔構成の魔戦視点でしたが、それ以外の職業や構成が違う場合でも利用できるテクニックです。

参考動画

氷を利用して咆哮回避

実際に動きで見たほうが分かりやすいと思うので、動画も載せておきます。

おわりに

▲写真撮るより次のレグに行きたすぎるプクリポの図。

地味ですが「知っていれば対処出来たのに!」みたいな場面は案外多いはず。

氷ブレス→A移行の場合だけでなく、氷ブレス直後に怒った場合にも応用出来ます。

常に意識する動きではありませんが、頭の片隅にでも置いておくといいかもしれません!

それじゃそんな感じで~!!

↓ブログランキング参加中!(1日1クリック有効)

人気ブログランキング

コメント

  1. 名無しさんいますか!? より:

    そんなテクニックがあったんですね。

    私は魔法で咆哮が避けられない距離と判断したら、
    両手杖→短剣+盾 に持ち替えて
    まもりのたてをやってました|ω・`)

タイトルとURLをコピーしました